パワーストーンブレスレッドの付け方を徹底解説!

パワーストーンブレスレッドの付け方を徹底解説!

アクセサリーとしても人気の高いパワーストーンですが、ブレスレットとして身に付ける場合、その付け方に気を付ける必要があります。

 

なぜなら、パワーストーンそれぞれに、意味や力があるからです。この付け方を間違えてしまうと、場合によっては、石酔いといわれる症状を引き起こし、めまいや吐き気、頭痛などを感じることがあります。

 

ですから、自分に合った大き目の石を、正しい方法で身につけていくようにしたいものです。その際は、人工的に加工されており、1種類で構成されたブレスレットを選ぶことをおすすめします。

 

一般的には、人間の気の流れが利き腕の逆から入ってくることもあって、何かの願望を叶えたい時には、利き腕の逆に付けることがほとんどです。

 

そのため、右利きの人は左腕、左利きの人は右腕に付けることになります。ただし、願望の種類によっては、利き腕にブレスレットを付けた方が良いケースもあります。

 

たとえば、積極的に動きたい時や、何かに挑戦したい時、状況を打開したい時、夢や目標が明確な時などがそうです。

 

しかし、迷いがある場合は逆効果になるため、状況を変えたいという強い気持ちを持っていたり、叶えたい目標がある場合にのみ、利き腕に付けるようにしてください。

 

また、新しいことに挑戦したい時や、チャンスを掴みたい時、新しい出会いを求めている時、転職したい時などは、利き腕とは逆の腕に付けると良いでしょう。

 

尚、人によっては、成長していく中で利き手が変わってしまうことがあります。この場合は、子供の頃の利き手を基準にするようにしましょう。

 

最後になりますが、いくら叶えたい願望がたくさんあるからといって、パワーストーンを身に付け過ぎてはいけません。

 

片腕には3個まで付けるようにし、石の特徴をよく理解した上で、特に叶えたい願望を叶えてくれる石を内側に付けるようにしましょう。

 

オススメサイト一覧

奈良 ゴミ屋敷片付け
遺品整理 愛媛

サイトマップ


パワーストーンブレスレッドの付け方を徹底解説!についての情報

スポンサードリンク