パワーストーンの付け方を知る

パワーストーンの付け方を知る

スポンサードリンク

パワーストーンの付け方には、いくつかのパターンがあります。そこで、代表的な付け方についてご紹介していくことにしましょう。

 

まず、オーソドックスな手首についてですが、右側に付けた場合、魅力を引き出したり、積極性を促すと考えられています。

 

一方、左側は、身に付けた人の内面にある能力に、パワーストーンが作用しやすくなると考えられており、第6感が冴えることがあるようです。

 

次にネックレスの場合ですが、その時身につけているパワーストーンの力を借りて、自らを表現しやすくなる他、マイナスのパワーを寄せ付けないお守りのような役割も果たします。

 

それから、パワーストーンはピアスとしても使用することが可能です。

 

常に平常心を保って適切な判断を下せるようにしたかったり、直観力を高めたい場合に有効だといわれており、耳たぶの少々下辺りに身につけると効果を発揮しやすくなるようです。

 

そして、最後にご紹介するには、パワーストーンを身に着けずに持ち歩く方法です。

 

仕事中など、身に付けることができない時は、小さな袋に石を入れて、常にポケットやカバンの中に入れて持ち歩くようにすると良いでしょう。

 

この他にも、身に付け方はいくつかありますが、今回ご紹介しただけでも様々な方法があることが分かります。

 

また、パワーストーンは、満月や新月など特別な日に身につけると、より効果を発揮するとも言われていますので、前日にしっかりと浄化した上で、身につけるようにしたいものです。

パワーストーンの付け方を知るについての情報

スポンサードリンク

パワーストーンの付け方を知る関連ページ

赤系の組み合わせ
赤系のパワーストーンでのオススメの組み合わせについて調べてみました。赤系のパワーストーンが持つ意味は、情熱や生命力です。この赤系との組み合わせをするパワーストーンというと、同系色のピンク、同じ赤でも濃淡を組み合わせることもできます。
相性の良い組み合わせ
相性の良いパワーストーンの組み合わせとは、どういったものでしょうか。まずは、あなたが一目で気に入ったパワーストーンを手に取り、手触りや暖かさを感じてみてください。心地良ければ間違いなく、相性バッチリのパワーストーンです。「こんな単純なこと?」とお思いでしょうが、これが結構大切なポイントなのです。
正しい結び方
パワーストーンの正しい結び方について調べてみました。パワーストーンのブレスレットを自分で作ったり、修理をする際に紐の結び方に戸惑う人が多いようです。そこで、パワーストーンの正しい結び方について、ご紹介していくことにしましょう。
パワーストーンの意味一覧
身に付けるだけで、さまざまな効果をわたしたちにもたらしてくれるのがパワーストーンです。このパワーストーンは、石だけでなく貴金属や象牙、べっ甲などの生き物に由来するものを含め、さまざまな力を秘めた多くの種類があります。
パワーストーンの相性について
パワーストーンの相性について調べてみました。パワーストーンは、しかし、ただやみくもに選んで身に付ければいいというわけではありません。きちんと自分に合ったパワーストーンを身につける必要があるのです。
パワーストーンは相性で組み合わせがある
パワーストーンは相性で組み合わせがあるのか調べてみました。パワーストーンは、たくさんの種類を着けていれば、それだけ効果がアップするというものではありません。