パワーストーンの正しい結び方について

パワーストーンの正しい結び方について

スポンサードリンク

パワーストーンのブレスレットを自分で作ったり、修理をする際に紐の結び方に戸惑う人が多いようです。

 

そこで、パワーストーンの正しい結び方について、ご紹介していくことにしましょう。

 

使用するのは、シリコンゴムです。

 

シリコンゴムは、伸縮性があり、フィットしやすいため、手芸屋さんなどで購入することをおすすめします。

 

また、正しい結び方は固結びです。

 

ネットや書籍などで、固結びの方法が解説されていますので、参考にすると良いでしょう。

 

それから、具体的な作業内容についてですが、それほど難しい内容ではありません。

 

シリコンゴムを二重にし、その端を洗濯バサミで止めておきます。

 

そして、パワーストーンを順番に通し、すべて通し終わっったら、シリコンゴムの両端を固結びで結んでいきます。

 

その際、2~3回は結んでおいた方が良いでしょう。また、きつく結び過ぎてしまうと、すぐに切れてしまう原因となりますので、注意が必要です。

 

無事、自分の腕にフィットする大きさになったら、ペンチで余分な部分をカットしていきます。カットした部分をそのままにしてしまうと、見た目にも悪いですので、パワーストーンの穴の中にしまってしまいましょう。

 

以上で完成です。

 

固結びが難しいため、他の方法で結んではダメなのかということですが、他の結び方では緩んでしまったり、解けてしまうケースが多いといえます。

 

また、玉になってしまい、パワーストーンの穴の中に仕舞えないということもあるようです。ですから、必ず固結びをすることをおすすめします。

パワーストーンの正しい結び方についてについての情報

スポンサードリンク

パワーストーンの正しい結び方について関連ページ

赤系の組み合わせ
赤系のパワーストーンでのオススメの組み合わせについて調べてみました。赤系のパワーストーンが持つ意味は、情熱や生命力です。この赤系との組み合わせをするパワーストーンというと、同系色のピンク、同じ赤でも濃淡を組み合わせることもできます。
相性の良い組み合わせ
相性の良いパワーストーンの組み合わせとは、どういったものでしょうか。まずは、あなたが一目で気に入ったパワーストーンを手に取り、手触りや暖かさを感じてみてください。心地良ければ間違いなく、相性バッチリのパワーストーンです。「こんな単純なこと?」とお思いでしょうが、これが結構大切なポイントなのです。
付け方を知る
パワーストーンの付け方について調べてみました。パワーストーンの付け方には、いくつかのパターンがあります。代表的な付け方についてご紹介しますね。
パワーストーンの意味一覧
身に付けるだけで、さまざまな効果をわたしたちにもたらしてくれるのがパワーストーンです。このパワーストーンは、石だけでなく貴金属や象牙、べっ甲などの生き物に由来するものを含め、さまざまな力を秘めた多くの種類があります。
パワーストーンの相性について
パワーストーンの相性について調べてみました。パワーストーンは、しかし、ただやみくもに選んで身に付ければいいというわけではありません。きちんと自分に合ったパワーストーンを身につける必要があるのです。
パワーストーンは相性で組み合わせがある
パワーストーンは相性で組み合わせがあるのか調べてみました。パワーストーンは、たくさんの種類を着けていれば、それだけ効果がアップするというものではありません。