パワーストーンの効果ある付け方とは?

パワーストーンの効果ある付け方とは?

スポンサードリンク

パワーストーンの効果的な付け方を知りたいという時の参考にしてみてください。

 

パワーストーンは、実際に身に付けるだけではなく、
自分のそばに置くだけでも効果があると言われています。
ただ、効率的に効果的な付け方というと、体の部位の選択を行なってみると良いかもしれません。

 

耳は、外部からの聴覚を素早くキャッチすることができ、正しく理解する能力が上がります。

 

パワーストーンのネックレスは、自分自身を知り、相手を正しく理解する能力が引き出されます。

 

部位で言うと、首辺りに付ける短いものは感情表現がうまくなり、人間関係が良好になります。

 

胸はハート、幸福を満たし、長いものは建設的なエネルギーの使い方ができると言われています。

 

こうしたネックレスやピアスにパワーストーンをうまく使って、仕事や人間関係を成功させましょう。

腕と指に関して言うと

パワーストーンのブレスレットは、両腕の役割が違います。

 

右腕は、発動発進、左腕は受信受動になります。

 

と言うことは、目的に応じて左右を色々と工夫してつけることで、より自分らしさを刃先することができることになります。

 

いずれの場合も、どんな石を使うかによって、その内容が深く具体的になってくることから、
パワーストーンの種類も同時に覚えておくことで、単なるアクセサリーではなく、目的のある能力を発揮することができます。

 

リングに関して言うと、それぞれ左右の指で意味合いが変わってきます。
そのときの付け方によって、自分表現と成長が大きく変わると言われています。

パワーストーンの効果ある付け方とは?についての情報

スポンサードリンク

パワーストーンの効果ある付け方とは?関連ページ

石の効果を発揮する付け方
近年、パワーストーンを身に付ける人が増えてきましたが、毎日身に付けるものだからこそ、石の効果を最大限に発揮する付け方をしたいものです。そこで、パワーストーンの力をたっぷりと取り入れるために、是非知っておきたい身に付け方についてご紹介していくことにします。
天然石ブレスレットの付け方
天然石のブレスレットの付け方についてですが、これには3つのポイントがあります。正しく身に付けることによって、様々な局面で力を貸してくれますので、上手に活用していくことをおすすめします。
数珠ブレスレットの付け方
数珠ブレスレットの付け方についてですが、いくつかのルールが存在しますので、詳しく見ていくことにしましょう。願い事ばかりに気を取られてしまいがちですが、効果を得たいのであれば、身に付け方がとても重要だということを忘れないようにしましょう。
天然石ブレスレットの付け方
天然石ブレスレットの付け方について、特に注意しておきたいことが2つあります。それでは早速、2つの注意点についてご紹介していくことにしましょう。
パワーストーンを身に付ける本当の意味
パワーストーンを身に付ける本当の意味とは?調べてみました。パワーストーンは、それぞれの石に独自の力が秘められています。身に着けることによって、その秘められた特殊な力の恩恵を受けることができるのですが、それこそがパワーストーンを身に着ける本当の意味なのです。