パワーストーンの捨て方について

パワーストーンの捨て方について

スポンサードリンク

パワーストーンを手放さなくてはならなくなった時、捨てるということになります。

 

しかし、安易に捨てるという言葉は使いたくないという方は多いと思います。
ですから、あえて手放し方について、お伝えします。

 

ベストの手放し方というと、それは自然に帰すことです。
自然界、土、海、湖、川などにどこかに、パワーストーンを持っていくことです。

 

これが理想なのですが、我が家は都会のどまんなか。
自然が全くないという場合は、どこか静かでキレイな土地に行くのも良いでしょうし、思い出の地に行くのも良いでしょう。

 

とにかく、感謝の意を込めて、静かに休める場所をきちんと探してほしいですし、自分自身もそうした形にしたいと思っているはず。

 

どこか素晴らしい思い出のある土地はあるでしょうか?

 

あなたを守ってくれたパワーストーンです。
きちんとお別れをしましょう。

こんなことも仕方がないのでは

パワーストーンの手放し方については、どうしてもゴミと処分も致し方のないことです。
この時には袋に直接入れるのではなく、必ず紙に包んで、粗塩などと一緒にして、処分をしてください。

 

心苦しいと思うところですが、感謝の気持は伝わっています。

 

現代の住宅事情からは、こうした事もないわけではありません。
でも、どうしてもそんなことはできないという方は、清らかな場所ということで、神社仏閣で供養して貰う方法もあります。

 

しかし、これは受け入れをしてくれるかどうかが問題。
ぜひ調べてみてください。

 

自身の納得いく手放し方をすることをオススメします。

パワーストーンの捨て方についてについての情報

スポンサードリンク

パワーストーンの捨て方について関連ページ

処分方法について
パワーストーンの処分方法について調べてみました。パワーストーンの処分方法は、そこまで難しいものではありません。そこで、基本的な処分方法についてご紹介していきます。
正しい捨て方
パワーストーンの正しい捨て方について調べてみました。調べてみました。パワーストーンの捨て方についてですが、そもそも無理に捨てる必要はありません。ただし、保管することがままならなかったり、過去の出来事に対して決別したい時などは、捨ててしまっても問題ないでしょう。
捨てる時の注意
パワーストーンを処分する場合、そのままゴミの日に捨てるべきなのか分からないという人は多いようです。そこで、パワーストーンを捨てる際に、絶対に注意したいことについて3つご紹介していくことにしましょう。
処分時の注意点
パワーストーンの処分の仕方についてですが、様々なところで注意点が紹介されていますよね。そのためか、多くの人がパワーストーンの処分の仕方は、こうあるべきという考え方に凝り固まってしまっているようです。
水晶の処分法
水晶は、パワーストーンとして身に付けることもあれば、お守りとして持ち歩くこともあるいといえます。しかし、長く持ち歩いていれば、いずれ処分する必要に迫られる日がくるものです。そのような時、どうやって処分すれば良いのでしょうか。
神社で正しく処分してもらう
今回は神社へ奉納する方法について、ご紹介することにします。神社を利用するといっても、冠婚葬祭や初詣くらいですので、パワーストーンを奉納するというとピンとこないかもしれません。しかし、多くの神社で行っていますので、念のため事前連絡してからパワーストーンを持っていくと良いでしょう。
土に返すのが正しい?
パワーストーンは、恋愛運や仕事運など、さまざまな効果をわたしたちにもたらしてくれるものです。しかしこのパワーストーンは、長い間身につけていると、色が変わってしまうことがあります。
パワーストーンの浄化方法
パワーストーンの浄化方法を調べてみました。毎日身に付けることでも、このパワーストーンは、マイナスのエネルギーを吸収したてしまいますので、こういった場合に、「浄化」という作業が必要になってくるのです。