パワーストーンの処分方法について

パワーストーンの処分方法について

スポンサードリンク

パワーストーンの処分方法は、そこまで難しいものではありません。そこで、基本的な処分方法についてご紹介していきます。

 

そもそも、パワーストーンを処分する理由は、石が壊れてしまったり、願い事が叶った時が多いといえますが、愛着を持っている場合は、大切に保管して側に置いておくという方法もあります。

 

そのため、必ずしも処分しなければならないということではありませんので、その点については事前に把握しておくと良いでしょう。

 

保管するのではなく、しっかりと処分したいということであれば、パワーストーンに粗塩を振りかけ、自らの吉方位にある川や海、土の中に返します。

 

その際、できるだけ規模が大きなところで処分した方が良いでしょう。近所にある小さな川や、人が良く集まる海などで処分してしまうと、誰かが拾って持って帰ってしまうということが多々あります。

 

基本的に、落ちている石を拾って、持ちかえることは避けた方が良いのですが、小さい子供などは単純にきれいな石だからということで、拾ってしまうことがあるのです。

 

ですから、上記のようなことを避けるためにも、できるだけ規模の大きな川や海、土の中に返すことがベストだといえます。

 

その他の方法としては、粗塩を振ってゴミの日に出したり、お寺や神社で供養してもらうという方法もあります。

 

普段忙しくて、なかなか時間を取ることが出来ない人は、できるだけ手間が掛らない方法で処分すると良いでしょう。

 

いずれにしろ、パワーストーンにお世話になったことにかわりはありませんので、感謝をしながら処分するようにしたいものです。

パワーストーンの処分方法についてについての情報

スポンサードリンク

パワーストーンの処分方法について関連ページ

正しい捨て方
パワーストーンの正しい捨て方について調べてみました。調べてみました。パワーストーンの捨て方についてですが、そもそも無理に捨てる必要はありません。ただし、保管することがままならなかったり、過去の出来事に対して決別したい時などは、捨ててしまっても問題ないでしょう。
捨てる時の注意
パワーストーンを処分する場合、そのままゴミの日に捨てるべきなのか分からないという人は多いようです。そこで、パワーストーンを捨てる際に、絶対に注意したいことについて3つご紹介していくことにしましょう。
捨て方について
パワーストーンの捨て方についてですが、ベストの手放し方というと、それは自然に帰すことです。 自然界、土、海、湖、川などにどこかに、パワーストーンを持っていくことです。近くに自然が全くないという場合は、どこか静かでキレイな土地に行くのも良いでしょうし、思い出の地に行くのも良いでしょう。
処分時の注意点
パワーストーンの処分の仕方についてですが、様々なところで注意点が紹介されていますよね。そのためか、多くの人がパワーストーンの処分の仕方は、こうあるべきという考え方に凝り固まってしまっているようです。
水晶の処分法
水晶は、パワーストーンとして身に付けることもあれば、お守りとして持ち歩くこともあるいといえます。しかし、長く持ち歩いていれば、いずれ処分する必要に迫られる日がくるものです。そのような時、どうやって処分すれば良いのでしょうか。
神社で正しく処分してもらう
今回は神社へ奉納する方法について、ご紹介することにします。神社を利用するといっても、冠婚葬祭や初詣くらいですので、パワーストーンを奉納するというとピンとこないかもしれません。しかし、多くの神社で行っていますので、念のため事前連絡してからパワーストーンを持っていくと良いでしょう。
土に返すのが正しい?
パワーストーンは、恋愛運や仕事運など、さまざまな効果をわたしたちにもたらしてくれるものです。しかしこのパワーストーンは、長い間身につけていると、色が変わってしまうことがあります。
パワーストーンの浄化方法
パワーストーンの浄化方法を調べてみました。毎日身に付けることでも、このパワーストーンは、マイナスのエネルギーを吸収したてしまいますので、こういった場合に、「浄化」という作業が必要になってくるのです。