パワーストーンを捨てる時に絶対に注意したい事

パワーストーンを捨てる時に絶対に注意したい事

スポンサードリンク

パワーストーンを処分する場合、そのままゴミの日に捨てるべきなのか分からないという人は多いようです。
そこで、パワーストーンを捨てる際に、絶対に注意したいことについて3つご紹介していくことにしましょう。

 

まず1つ目は、そのままゴミの日には出さないということです。
パワーストーンを処分するということは、何らかの形で壊れているわけですから、
そのままゴミの日に出すと、誰かが怪我をする恐れがあります。

 

特に石が欠けたり割れたりしている場合、尖った部分は凶器だといっても過言ではないでしょう。
ですから、捨てる時は半紙やビニールなどで、しっかりくるむ必要があるといえます。

 

2つ目は、自然に還す際の場所選びです。
パワーストーンは、元々自然界のモノですので、処分したい場合は自然に還してあげることがベストだといえますが、
場所を選ぶ必要があります。

 

特に、海や川に捨てる場合、小さな子供や綺麗な石が好きな女性などが自宅に持ち帰る可能性があるため、
人の手の届かない場所で処分することが望ましいと言えるのです。

 

そして、最後の3つ目は、付属品を外すということです。
基本的に、ほとんどのパワーストーンには、ゴムや金具などが付いています。
最近は、素材ごとにゴミの日が違いますので、必ず解体してからそれぞれのゴミの日に出す必要があるのです。

 

この時、浄化する必要があるのか?ということですが、
できれば粗塩を振りかけたり、半紙にくるんだりした方が良いでしょう。

 

今までお世話になった感謝の気持ちを添えて、捨てるようにしたものです。

パワーストーンを捨てる時に絶対に注意したい事についての情報

スポンサードリンク

パワーストーンを捨てる時に絶対に注意したい事関連ページ

処分方法について
パワーストーンの処分方法について調べてみました。パワーストーンの処分方法は、そこまで難しいものではありません。そこで、基本的な処分方法についてご紹介していきます。
正しい捨て方
パワーストーンの正しい捨て方について調べてみました。調べてみました。パワーストーンの捨て方についてですが、そもそも無理に捨てる必要はありません。ただし、保管することがままならなかったり、過去の出来事に対して決別したい時などは、捨ててしまっても問題ないでしょう。
捨て方について
パワーストーンの捨て方についてですが、ベストの手放し方というと、それは自然に帰すことです。 自然界、土、海、湖、川などにどこかに、パワーストーンを持っていくことです。近くに自然が全くないという場合は、どこか静かでキレイな土地に行くのも良いでしょうし、思い出の地に行くのも良いでしょう。
処分時の注意点
パワーストーンの処分の仕方についてですが、様々なところで注意点が紹介されていますよね。そのためか、多くの人がパワーストーンの処分の仕方は、こうあるべきという考え方に凝り固まってしまっているようです。
水晶の処分法
水晶は、パワーストーンとして身に付けることもあれば、お守りとして持ち歩くこともあるいといえます。しかし、長く持ち歩いていれば、いずれ処分する必要に迫られる日がくるものです。そのような時、どうやって処分すれば良いのでしょうか。
神社で正しく処分してもらう
今回は神社へ奉納する方法について、ご紹介することにします。神社を利用するといっても、冠婚葬祭や初詣くらいですので、パワーストーンを奉納するというとピンとこないかもしれません。しかし、多くの神社で行っていますので、念のため事前連絡してからパワーストーンを持っていくと良いでしょう。
土に返すのが正しい?
パワーストーンは、恋愛運や仕事運など、さまざまな効果をわたしたちにもたらしてくれるものです。しかしこのパワーストーンは、長い間身につけていると、色が変わってしまうことがあります。
パワーストーンの浄化方法
パワーストーンの浄化方法を調べてみました。毎日身に付けることでも、このパワーストーンは、マイナスのエネルギーを吸収したてしまいますので、こういった場合に、「浄化」という作業が必要になってくるのです。