パワーストーンの浄化方法

パワーストーンの浄化方法

スポンサードリンク

パワーストーンは、その石ごとのさまざまな力によって、持ち主が持っている願いを叶えるサポートをしてくれるものです。

 

このパワーストーンは、しかし、いつでも、どんな状況でも、その効果を無限に発揮し続けてくれるわけではありません。

 

あなたの手に渡るまでに、パワーストーンは、お店の人など、たくさんの人の手を経ていますが、このあいだに、それらの人々の念を吸収してしまっています。

 

さらに、毎日身に付けることでも、このパワーストーンは、マイナスのエネルギーを吸収したてしまいますので、こういった場合に、「浄化」という作業が必要になってくるのです。

 

この「浄化」という作業は、石の純粋なエネルギーを引き出すための作業です。
この浄化の方法としては、水による浄化や太陽光による浄化、また、水晶クラスタ-による浄化や、塩、月光、お香、そしてセージなどによる浄化などがあります。

 

水による浄化をおこなう場合には、人間の活動に汚染されていない、自然水を使用するのが効果的。
ただ、用意するのが難しい場合は、水道水でもかまいません。

 

容器に水を入れて、まる1日、そこにパワーストーンをさらしておきます。
これによって、浄化が完了します。

 

まや、太陽光による浄化の場合には、明るい窓際に置いておくだけでオーケー。
日没になったら取り込んでください。

 

この太陽光による浄化の場合、とくにおすすめなのが、午前中の太陽光です。
この午前中の太陽光は、とってもパワフルですのでおすすめです。

パワーストーンの浄化方法についての情報

スポンサードリンク

パワーストーンの浄化方法関連ページ

処分方法について
パワーストーンの処分方法について調べてみました。パワーストーンの処分方法は、そこまで難しいものではありません。そこで、基本的な処分方法についてご紹介していきます。
正しい捨て方
パワーストーンの正しい捨て方について調べてみました。調べてみました。パワーストーンの捨て方についてですが、そもそも無理に捨てる必要はありません。ただし、保管することがままならなかったり、過去の出来事に対して決別したい時などは、捨ててしまっても問題ないでしょう。
捨てる時の注意
パワーストーンを処分する場合、そのままゴミの日に捨てるべきなのか分からないという人は多いようです。そこで、パワーストーンを捨てる際に、絶対に注意したいことについて3つご紹介していくことにしましょう。
捨て方について
パワーストーンの捨て方についてですが、ベストの手放し方というと、それは自然に帰すことです。 自然界、土、海、湖、川などにどこかに、パワーストーンを持っていくことです。近くに自然が全くないという場合は、どこか静かでキレイな土地に行くのも良いでしょうし、思い出の地に行くのも良いでしょう。
処分時の注意点
パワーストーンの処分の仕方についてですが、様々なところで注意点が紹介されていますよね。そのためか、多くの人がパワーストーンの処分の仕方は、こうあるべきという考え方に凝り固まってしまっているようです。
水晶の処分法
水晶は、パワーストーンとして身に付けることもあれば、お守りとして持ち歩くこともあるいといえます。しかし、長く持ち歩いていれば、いずれ処分する必要に迫られる日がくるものです。そのような時、どうやって処分すれば良いのでしょうか。
神社で正しく処分してもらう
今回は神社へ奉納する方法について、ご紹介することにします。神社を利用するといっても、冠婚葬祭や初詣くらいですので、パワーストーンを奉納するというとピンとこないかもしれません。しかし、多くの神社で行っていますので、念のため事前連絡してからパワーストーンを持っていくと良いでしょう。
土に返すのが正しい?
パワーストーンは、恋愛運や仕事運など、さまざまな効果をわたしたちにもたらしてくれるものです。しかしこのパワーストーンは、長い間身につけていると、色が変わってしまうことがあります。