切れたパワーストーンブレスレットは修理しても大丈夫?

切れたパワーストーンブレスレットは修理しても大丈夫?

スポンサードリンク

切れたパワーストーンは、修理しても大丈夫なのでしょうか。何か特別なケアをしたり、処分する必要があるのではないのかと、迷う人が多いといえます。

 

そこで、身につけているパワーストーンが切れた場合の修理について、詳しく解説していくことにします。

 

まず、結論からいいますと、余程の破損などがない限り、パワーストーンを修理しても問題ありません。

 

それは、身につけている人の身を守るために切れた場合でも同様で、パワーストーンが切れたからといって、その後何らかのトラブルや祟りなどがあるわけではないのです。

 

ただし、修理する場合は、パワーストーンを浄化したり、汚れを落とした方が良いといえます。

 

ちなみに、修理する場合は、シリコンゴムを使用するケースが多いようです。人によっては、ワイヤーを好むケースもありますが、使いやすさやフィット感を考えるなら、シリコンゴムの方が最適です。

 

また、自分で修理することが難しい場合は、パワーストーンを購入したお店で修理してもらうことができます。費用はお店によって違いますが、購入してすぐに切れた場合は、無料で直してくれる場合がほとんどです。

 

シリコンゴム自体は非常に安く、太さは6mmと1.0mmの2パターンあります。長さは商品によって違いますが、大体1m程度で100円前後から販売されているようです。

 

それから、シリコンゴムの交換自体は、非常に簡単です。

 

シリコンゴムを二重にして、パワーストーンを1つずつ通し、最後に固結びをするだけとなります。結び目の端が余ったら、石の穴に詰め込めば目立ちませんので、比較的誰でも簡単に直すことができるでしょう。

切れたパワーストーンブレスレットは修理しても大丈夫?についての情報

スポンサードリンク

切れたパワーストーンブレスレットは修理しても大丈夫?関連ページ

ブレスレッドを修理に出す方法
パワーストーンブレスレッドを修理に出す方法をまとめました。その際、購入したお店で修理してもらえることもありますので、必ず購入する前に確認しておいた方が良いでしょう。
処分する正しい方法
パワーストーンを処分する正しい方法について。状況によっては、正しい方法で処分する必要が出てくることもありますが、布にくるんだり、小さな袋に入れるなどして、そのまま手元に置いておくことも可能です。
ブレスレットが切れる意味
パワーストーンブレスレットが切れた、これは大事が起こることを意味していると考える方は多いでしょう。しかし、ご安心ください。「パワーストーンが壊れた」と「パワーストーンブレスレット」が切れたは同じではないと言うことを。
良い処分方法とは
パワーストーンの良い処分方法とは?という疑問にお答えします。一番良いのは、自分の家の庭に返すことでしょう。ずっと見ることもできますし、他人に迷惑をかけることもありません。手放す前に浄化をしたい方は、最後にきちんとしてあげてください。
自然に返す方法
パワーストーンを自然に返す方法についてですが、、土の中に埋める、川や海に流すということが言われていますが、その方法については、絶対に他人に迷惑をかけないことが大切です。海と繋がる川へ流すのも良いでしょう。
切れる理由
パワーストーンブレスレットが切れる理由について調べてみました。パワーストーンブレスレットが切れると、何か良からぬことが起こるのではないのかと感じる人が多いようです。しかし、必ずしも悪いことが起きるということではありません。パワーストーンブレスレットが切れる理由について、ご紹介していくことにしましょう。
割れる原因とゴムが切れる原因
パワーストーンが割れる原因とゴムが切れる原因について調べてみました。パワーストーンを利用してると、パワーストーンが割れたり、ゴムが切れることがあります。 そのため、それぞれの原因について、非常に気にする人が多いようです。しかし、基本的には、そこまで深刻な理由はなく、気にする必要はないといえるでしょう。
れっきとした意味がある?
パワーストーンブレスレッドが切れることには意味があるかどうか調べてみました。パワーストーンが切れる意味は、大きく分けると3つあるといわれています。