パワーストーンブレスレットの間違った付け方とは?

パワーストーンブレスレットの間違った付け方とは?

スポンサードリンク

パワーストーンは、秘めたる石として、昔から扱われています。

 

最近では、パワーストーンブレスレットなども存在し、
自分で好きな石を組み合わせて作ることもできますが、
この時に注意したいのが間違った付け方をすることです。

 

パワーストーンはそれぞれに役割があります。

 

自分の夢をきちんと叶えるために付けるパワーストーンブレスレットは、
間違っていたのでは効果も現れず、単なるブレスレットにすぎないことになります。

 

これでは、パワーストーンの意味も何もないことに。

 

せっかく夢を叶えることができる素晴らしい能力を持ったパワーストーンを身につけるのですから、間違った付け方はしないようにしましょう。

 

その為に、事前によく調べて、パワーストーンを選び、ブレスレットを付けることをオススメします。

ケアも大切

パワーストーンブレスレットを身につける時、間違ったものではなくきちんとした石を選択したあとには、ケアも大切です。

 

付け方だけではなく、浄化などを心がけて、常に波動を正常な状態に持っておくことが絶対です。
このあたりが、パワーストーンブレスレットがすごい部分であり、
わざわざパワーストーンを身につける意味があります。

 

取り扱いは慎重にして、パワーストーンブレスレットとして使用する際には、
安易にぶつけたり、壊したりしないようにすることです。

 

そして、しっかりと夢を叶え、パワーストーンの力を引き出してください。
パワーストーンブレスレットを正しくつけてどんな夢を叶えますか?

パワーストーンブレスレットの間違った付け方とは?についての情報

スポンサードリンク

パワーストーンブレスレットの間違った付け方とは?関連ページ

ブレスの正しい付け方
パワーストーンのブレスレットを身に付けるのであれば、正しい付け方について理解しておかなければなりません。なぜなら、間違った身に付け方をしてしまうと、得たい効果を得ることができなくなってしまうからです。
何が上?
バワーストーンの付け方について、様々な疑問を持つ人が多いようですが、中でも重ねて付ける際に順番はあるのか気になる人が多いといえます。それでは、詳しく見ていくことにしましょう。
両利きの場合の付け方
パワーストーンのブレスレットの付け方は、利き腕の逆の腕に付けるのが基本となっています。しかし、両利きの場合の付け方は、どうしたら良いのでしょうか。大きく分けると3つのパターンがありますので、1つずつご紹介していくことにしましょう。
左利きの場合
パワーストーンの付け方は、右利きなのか左利きなのかによって違ってきます。では、今回は左利きの場合について、ご紹介していくことにしましょう。
正しい着け方
パワーストーンブレスレットの正しい着け方は、左右の手につけることで意味が違うと言われています。これは、手のひらがエネルギーの出入り口、左手から入り、右手から出て行くのが基本ですから、欲しいエネルギーを取り入れたいときには、右手につけると、出て行くことになります。
パワーストーンをつける腕はどっち??
パワーストーンをつける腕については、様々な意見があります。結論としては、細かくこだわるよりも、自分が心地よいと感じる付け方が望ましいということになるでしょう。ようするに、用途によってパワーストーンを付ける腕を替えていけば良いのです。
腕輪の付け方
腕輪の付け方は、人によって違ってきます。特に最近は腕時計と一緒にパワーストーンを身に付ける人が増えてきたこともあり、身に付け方について悩むケースがあるようです。それでは、良くある悩みの中から2つご紹介し、その解決方法についてお伝えしていくことにします。
付ける時のNG
パワーストーンは、切実な願いを込めて、あるいはお守り感覚で、また単なるアクセサリーとしても使っている人は多いのですが、しかし、パワーストーンを身につける際には、いくつか注意しなければならない、ポイントがあるのです。