パワーストーンの付け方で左利きの場合は?

パワーストーンの付け方で左利きの場合は?

スポンサードリンク

パワーストーンの付け方は、右利きなのか左利きなのかによって違ってきます。
では、今回は左利きの場合について、ご紹介していくことにしましょう。

 

基本的に、パワーストーンは、風水と似た考え方をもっており、
利き腕と逆からパワーが入ってきて、利き腕からパワーが出ていくと考えられています。

 

そのため、左利きであれば、右腕からパワーが入ってきて、左腕からパワーが出ていくということになるのです。
ですから、基本的には、右腕にパワーストーンを付けるということになるでしょう。

 

ただし、場合によって付ける腕を替えた方が良いケースもあるため、
一概に右腕に付け続ける事が良いとは言い切れないことがあります。

 

例えば、体調が優れなかったり、パワーが落ちていると感じている時などがそうです。
このような時は、自分の身を守るという意味で、利き腕である左側にパワーストーンを付けた方が良いといわれています。
その方が、悪いものやネガティブな念を、自分に引き寄せないようにできるからです。

 

また、水晶やオニキスなど自分の周りにバリアをはってくれる石を身に付けることで、
更に効果を発揮するといわれていますので、試してみることをお勧めします。

 

このようにパワーストーンは、利き腕が右なのか左なのかによって付け方が違うだけではなく、得たい効果によっても違ってくるものです。

 

とはいえ、パワーストーンの力だけに頼ってしまうのではなく、
あくまでもサポートしてくれるアイテムの1つという程度の認識で、大切に使用するようにしたいものです。

パワーストーンの付け方で左利きの場合は?についての情報

スポンサードリンク

パワーストーンの付け方で左利きの場合は?関連ページ

ブレスの正しい付け方
パワーストーンのブレスレットを身に付けるのであれば、正しい付け方について理解しておかなければなりません。なぜなら、間違った身に付け方をしてしまうと、得たい効果を得ることができなくなってしまうからです。
間違った付け方とは
パワーストーンブレスレットの間違った付け方とはどういったものでしょうか。せっかく夢を叶えることができる素晴らしい能力を持ったパワーストーンを身につけるのですから、間違った付け方はしないようにしましょう。その為に、事前によく調べてパワーストーンを選び、ブレスレットを付けることをオススメします。
何が上?
バワーストーンの付け方について、様々な疑問を持つ人が多いようですが、中でも重ねて付ける際に順番はあるのか気になる人が多いといえます。それでは、詳しく見ていくことにしましょう。
両利きの場合の付け方
パワーストーンのブレスレットの付け方は、利き腕の逆の腕に付けるのが基本となっています。しかし、両利きの場合の付け方は、どうしたら良いのでしょうか。大きく分けると3つのパターンがありますので、1つずつご紹介していくことにしましょう。
正しい着け方
パワーストーンブレスレットの正しい着け方は、左右の手につけることで意味が違うと言われています。これは、手のひらがエネルギーの出入り口、左手から入り、右手から出て行くのが基本ですから、欲しいエネルギーを取り入れたいときには、右手につけると、出て行くことになります。
パワーストーンをつける腕はどっち??
パワーストーンをつける腕については、様々な意見があります。結論としては、細かくこだわるよりも、自分が心地よいと感じる付け方が望ましいということになるでしょう。ようするに、用途によってパワーストーンを付ける腕を替えていけば良いのです。
腕輪の付け方
腕輪の付け方は、人によって違ってきます。特に最近は腕時計と一緒にパワーストーンを身に付ける人が増えてきたこともあり、身に付け方について悩むケースがあるようです。それでは、良くある悩みの中から2つご紹介し、その解決方法についてお伝えしていくことにします。
付ける時のNG
パワーストーンは、切実な願いを込めて、あるいはお守り感覚で、また単なるアクセサリーとしても使っている人は多いのですが、しかし、パワーストーンを身につける際には、いくつか注意しなければならない、ポイントがあるのです。